Re: 漢方の効き目について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 あんず村 日時 2004 年 1 月 19 日 15:18:02:

回答先: 漢方の効き目について 投稿者 ななパンダ 日時 2004 年 1 月 17 日 23:29:47:

現代医学は、統計処理的な方法が使われます。
この病気には何パーセントの確率でこのお薬が効くとか、何パーセントの人が
このくらいの期間で治るとか、とても科学的です。

これに対して漢方薬はこのような統計処理が出来ません。
それは個人個人の体質によって、同じ病気でも使うお薬は違うからです。
また、効き目は、お薬の種類と言うよりも、漢方薬を使う人の経験によって効き目が違うからです。

子宮内膜症の場合ですが、
 気の流れが悪い気滞タイプ
 冷えて水がたまっている寒凝タイプ
 血液の汚れが原因の淤血タイプ
 汚れた脂、繊維が原因の痰湿タイプ
があります。
気滞タイプは一番早く効果があり、痰湿タイプは一番時間がかかります。

また、体全体の体力なども考える必要があります。
気血などが不足して、病気を治す力が衰えている場合はやはり時間がかかります。
ですから、どのくらいで治るかというのは一概には言えません。

エキス剤をお湯に溶いて飲むと、吸収が良くなるので多少効果はあがります。
ただ、粉のまま飲んで頂いても胃の中では完全に溶けるので、それほど多きな差ではないはずです。
冷えなどがある人は、お湯そのものの効果もあるので、お湯で溶く事をお勧めしますが、冷えが無い人はお水でのんでもかまいません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]