Re: 妊娠中の漢方薬


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 あんず村です。 日時 2003 年 12 月 30 日 15:21:17:

回答先: 妊娠中の漢方薬 投稿者 はるまま 日時 2003 年 12 月 29 日 21:10:48:

漢方薬には催奇性はありませんが、体質に合わないものを大量にあるいは長期間飲むと、流産のきっかけになる事があります。
特に注意する必要があるものは 麻黄、大黄 センナ アロエ、附子などです。
これらは比較的作用が強いので、体質や状況に応じて飲む必要があります。

妊婦の方の風邪薬としては香蘇散がお勧めです。
作用が穏やかで、蘇葉など安胎作用のあるものも含まれていて流産の危険がありません。
ただ、効き目は弱いので、ひどい風邪の時はもう少し強めのものを使う必要があります。

銀翹散は、麻黄や大黄などの強い成分は含まれていませんが、香蘇散よりは強いものです。
ですから、体質を考えずに長期間飲むのは避けた方が良いでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]