Re: 牡丹皮


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 12 月 19 日 14:37:52:

回答先: 牡丹皮 投稿者 なな 日時 2003 年 12 月 19 日 14:23:33:

温経湯の効能の所には「手足のほてり」と「唇の乾燥」があります。
これは牡丹皮の清熱作用を期待しているものです。
ただ、温経湯は全体としては温める作用が強いので、ほてりはなくても使えます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、胃腸で作られた気血を全身、特に腎に流していく働きがあります。
ただ、気血を作るのを助ける働きは少し弱いです。
ですから「婦宝当帰膠」などと併用するともっと良いでしょう。

また、腎がかなり衰えている場合は当帰四逆加呉茱萸生姜湯だけでは不足です。
もう少し積極的に腎を補うもの、例えば海馬補腎丸などが必要です。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]