Re:  四逆散とは?


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 2 月 12 日 19:00:05:

回答先:  四逆散とは? 投稿者 まりも 日時 2003 年 2 月 12 日 09:19:50:

四逆散は、柴胡、芍薬、枳実、甘草という四つの成分からなる漢方薬です。

柴胡と枳実は、気の流れを良くして、発散する効果があります。
ですから、ストレスなどがたまって、うまく発散出来ない場合に適しています。
芍薬、甘草は、肝臓の機能を助ける働きがあります。
血液の流れは、心がコントロールしていますが、気の流れは肝がコントロールしています。
肝の働きが悪いと気の流れも悪くなってしまうのず。
ですから、芍薬と甘草で、肝臓の働きを良くしているのです。

ただ、このお薬は発散する力がかなり強いので、長く続けると、体力が無い人の場合、発散しすぎて疲れる事があります。


気の流れを改善する漢方薬は、四逆散以外にも沢山あります。
よく使うものとして、加味逍遙散、香蘇散、女神散、九味檳榔湯、開気丸、半夏厚朴湯、柴胡桂枝乾薑湯、血腑逐於丸、香砂養胃丸、平胃散などがあります。
この中で、まりもさんに合うお薬を選ぶ必要があります。

鍼灸の先生にも、漢方薬をよく勉強して詳しい方もいます。
でも、できれば、もう一度、漢方に詳しいお店でよく相談してみて下さい。
お近くに良いお店がなければ、当店のオンライン漢方相談をご利用くださ。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]