にきびについて


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 あき 日時 2003 年 11 月 11 日 17:09:45:

私は24歳になります。にきびが出来たのは去年の秋ごろです。それまでは、中学生のころに額に出来ていたことがありますが、それ以外の場所には出来ていませんでしたし、高校以降はほとんどにきびは出来ませんでした。
私はもともとアレルギーの出やすい体質らしく、食べ物では出ないのですが、化粧品や紫外線によくかぶれます。アトピーは幼児期に少しありました。 
去年の夏に、何らかのアレルギーで(そのころ試した新たなマスカラではないかと思います)左のまぶたがひどくはれました。目がほとんど開けられない状態でいくつか皮膚科に行きました。なかなか治らず、わらにもすがりたい思いでいたところ、母が聞いてきた、漢方で治療するという地元では有名な皮膚科に行きました。そこでオキロット錠を渡され、副作用でものすごくだるく眠くはなりましたが、まぶたのはれはひきました。その病院では病院でつくった洗顔料を使うように言われました。市販の洗顔料は肌に悪いということでした。クレンジング剤は禁止されました。洗顔の後には病院製の保湿クリームを塗るように言われました。
そうしてしばらくすると、それまでにきびのなかった肌が白にきびでいっぱいになってきました。メイクがしっかり落ちず、毛穴がつまったのだと思います。額、頬、こめかみ、顎とどんどんでき、冬には首と顎の境目あたりにまで出来てしまいました。その病院をやめたいという気持ちは、常にありましたが、にきびが出来た状態でやめるのが怖かったのと、漢方が欲しかったのとで今も通っています。漢方は初めは十味敗毒湯かハンゲシャシントウ(字はおぼえていません)をもらっていました。そして甘草を出された後、白にきびが次々化膿し、医師の判断でやめました。(効果が出すぎたらしいです)
今は十味敗毒湯と桂枝ぶくりょうがん湯を毎食後に飲んでいます。漢方を飲み始めて一年ですがまだ治っていません。
その皮膚科は人気があり(アトピーの方などにも)待ち時間は四時間などが当たり前です。四時間待って診察は一分足らずです。薬の説明もありません。漢方は患者の体質など、聞かなければいけないようですが、それもありません。そしてもらわなくてよい洗顔料(二週間分で2000円近く)をカルテに書かれ、診察を受けると病院代は一回五千円、月に一万円になります。洗顔料をもらいたくないので、薬だけ取りに行くと、一回1000円ちょっとですむので、今はそうしています。
自分では通販でざくろエキスを半年飲んでみたり、はと麦、ローズヒップ、にがり、プロテイン、どくだみなどいろいろやっています。入浴時間も長時間にし、毛穴が開くようにと努力しています。
この一年、精神力のほとんどをにきびを治すことに傾けてきました。春からは肉断ちも敢行しました。もうなにをしていいのか分かりません。どんなに努力してもだめなことがあるんだと思いました。
漢方はやはり病院を通さなければ値段が高くなるのでしょうか。もう本当はその病院をやめたいのです。自宅からも遠くやっとの思いで行き、何時間も待って薬の内容は変わらず、毎回帰り道は涙ぐんで歩きます。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]