マオウのはいった薬について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 魚 日時 2003 年 10 月 28 日 22:32:37:

以前 質問させていただきました魚です。
OTCのみのドラッグに勤めてます。
また、解らない事が出てきました。
よろしくお願いいたします。

マオウが入ってる漢方薬についての質問ですが、
まずマオウ湯ですが、発汗作用があり関節痛のある比較的体力のある初期の風邪にお勧めと言う認識があります。
もう一つは、五虎湯のようなせき気管支喘息に効くもの。
マオウに入ってる主成分のエフェドリンは大衆薬においては気管支拡張作用による咳止めの印象があります。

マオウの入ってる風邪薬、例えばルルK錠とかアスゲン散、前者はマオウ湯のような作用として、アスゲン散は五虎湯のような作用があると思います。
でも、ルルK錠は五虎湯のように せきに効果がありますといってもいいのでしょうか?アスゲン散には、発汗作用があると言ってもよいのでしょうか? 
和漢薬になると、とっても複雑ですね。
よろしくお願いします。


フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]