Re: 海馬補腎丸


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 2 月 04 日 16:42:49:

回答先: 海馬補腎丸 投稿者 びく 日時 2003 年 2 月 04 日 15:14:24:


海馬補腎丸には、確かに黄体ホルモンの分泌不足の人に適しています。
しかし、黄体ホルモン不足の人すべてに良いとは言えません。

海馬補腎丸は、漢方的に腎陽虚の人に適しています。湿熱がある人は飲んではいけません。

自分が腎陽虚なのか、湿熱なのか判断するのは、漢方的な知識がないと難しいのですが、簡単に説明します。

 腎陽虚の人
  冷え性 尿が近い 尿の色が透明 腰が痛くなりやすい 体温が低め
  おりものは少ないか、透明 性欲が少ない 足のむくみ 喉はあまり渇かない
  クーラーが苦手、 暖かい飲み物が好き 舌の色は淡い

 湿熱の人
  暑がり 尿が黄色い、舌の色が赤い 舌に黄色い苔が沢山ある 汗かき
  体臭がつよい おりものは黄色い 喉がかわき冷たい飲み物を沢山飲む
  湿疹、おできが出来やすい 顏色が赤い

これらの事を参考にして、総合的に判断します。

もし、湿熱の人が海馬補腎丸を飲むと、湿熱の症状がよけいにひどくなります。
それでも、どうしても、他の薬が効かず、湿熱の人でも海馬補腎丸を使う場合は、
海馬補腎丸の量を減らし、湿熱をとる黄連解毒湯、竜胆瀉肝湯などを併用します。

ですから、一度、漢方に詳しいお店などで相談してから飲む必要があります。
もし近くに良いお店がなければ、このホームページのオンライン漢方相談をご利用下さい。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]