Re: 基礎体温と排卵について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 2 月 04 日 16:28:49:

回答先: 基礎体温と排卵について 投稿者 まろ 日時 2003 年 2 月 04 日 12:52:20:

生理には、非常に多くのホルモンがかかわっています。
簡単に説明してみます。

きちっと、排卵と生理がおこるためには、
まず、視床下部からGnRHというホルモンが適量に分泌される必要があります。
次に、脳下垂体がそれをきちっと受け取り、それにより、各種のホルモンを分泌します。
脳下垂体が出すホルモンとしては、FSH、LH、プロラクチンなどがあります。
これらのホルモンは正しい時に、正しい量だけ放出される必要があります。
卵巣は、FSHを正しく受け取ると、卵子を作り、卵胞ホルモンを分泌します。
次に、卵巣はLHを受け取ると排卵します。
排卵した後に、黄体が出来ます。この黄体から、黄体ホルモンが分泌されます。
子宮の内膜は、卵胞ホルモンを受け取り、その働きで厚くなり、黄体ホルモンの働きで潤います。
まるで、コンピュータのプログラムのように、精密に、正確に働く必要があるのです。
何処か一つ間違えても、、正常な排卵、生理にはなりません。

考えただけでも、奇跡的な事のように思います。

ですから、ちょっとしたストレス、疲れ、転勤、引っ越し、過労などでも、このシステムが乱れて、排卵しなかったり、生理が来なかったりします。

まろさんが今、排卵したかどうかは、これだけの情報ではわかりません。

ただ、今言ったように、生理や排卵は非常にデリケートなものですから、たまたま一ヶ月不順でも、心配いりません。
あまり心配すると、それがストレスになり、よけいに生理が来にくくなります。

もう少し様子を見て下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]