Re: 脱ステロイド中の治療


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 9 月 05 日 16:23:38:

回答先: 脱ステロイド中の治療 投稿者 みんたん 日時 2003 年 9 月 05 日 15:24:24:

「こりゃだめだ」などと言って、患者さんにその理由を説明しないお医者さんは
いくら名医でも良くないですね。

五淋散や猪苓湯は、下焦の湿熱に良く使います。下焦というのは下半身です。

舌を見る時、舌の先は上焦(上半身)、舌のまん中は中焦(胃腸)、舌の根本は下焦(下半身、主に腎)ととらえます。

ですから、舌の根本に苔が多い状態で、下焦に湿熱(余分な水分や余分な熱)がこもっている状態と判断されたのではないでしょうか。
湿としいのは下半身にたまりやすいので、このような事は良くある事で、特に重症という訳ではありません。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]