Re: 婦宝当帰膠と当帰灼薬散について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2002 年 12 月 19 日 11:42:11:

回答先: 婦宝当帰膠と当帰灼薬散について 投稿者 ビクベール 日時 2002 年 12 月 19 日 09:25:44:


当帰芍薬散と婦宝当帰膠はよく似たお薬ですが、違いもあります。

当帰芍薬散には、水の流れをよくする成分が含まれています。
ですから、むくみやすい人には適しています。

これに対して婦宝当帰膠は、冷えや貧血を改善する力が当帰芍薬散よりも強いです。
このため、冷え性や貧血の改善には婦宝当帰膠の方をよく使います。

ただ、婦宝当帰膠は扱っているお店が限られているため、置いていない店も
多いようです。
婦宝当帰膠は、約一ヶ月分で5340円です。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]