Re: 妊娠初期の当帰湯について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2003 年 7 月 24 日 16:24:15:

回答先: 妊娠初期の当帰湯について 投稿者 ひらり 日時 2003 年 7 月 20 日 10:09:50:

流産予防の漢方薬とか、安産の漢方薬といっても、体質によって使うものが違うので、一概に、こさえ飲んでいれば大丈夫、という訳にはいきません。

漢方で、安胎を考える時、妊娠中に熱がこもりやすい体質と、気血が不足しやすい体質に分けて考えます。

気血が不足して、冷え性で貧血気味の場合は、婦宝当帰膠を良く使います。

また、痩せていて、体力が無く、胎児を支える力が無い場合は補中益気湯を使います。

流産を繰り返し、抗体などの心配がある場合は、紫蘇葉、烏梅、黄岑など昔から安胎に良いと言われているものを使います。

ひらりさんの体質でしたら、婦宝当帰膠が良いように思いますが、もしよろしければ、一度問診票をお送り下さい。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]