Re: 四逆散の腹証について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2003 年 5 月 23 日 14:58:19:

回答先: 四逆散の腹証について 投稿者 カズ 日時 2003 年 5 月 21 日 21:34:59:

漢方を選ぶ時には、いろいろな事を総合的に判断する事が大切です。

腹診も大切な判断基準の一つですが、腹証だけでお薬を決める事は出ません。

それは「脈診」や「舌診」、あるいは「西洋医学的な病名」も同じです。

腹証だけで、胸脇苦満があるから柴胡剤、服直筋の緊張があるから芍薬といった使い方は、「肝炎には小柴胡湯」と同じで、全体の中の一部分でお薬を決めている事になります。

中医学には四診という言葉があります。

望診 顔色、舌の色などを見る

聞診 声の様子や、匂いなど見る

切診 脈やお腹を見る

問診 症状を聞いて判断する

これらの事から総合的に判断してお薬を決める事が大切です。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]