Re: 補中益気湯と加味逍遥散


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 5 月 21 日 18:44:18:

回答先: 補中益気湯と加味逍遥散 投稿者 たいこ 日時 2003 年 5 月 21 日 14:29:56:

補中益気湯は、妊娠中にも良く使うお薬です。

妊娠中に飲んでも良いお薬というのは、その人その人によっても違います。
この事は、ホームページにも書いてありますから、一度参考にして下さい。

漢方の基本的な考えは、
 余分な毒素は取り除く。
 足りないものは補う。
 気の流れ、五臓の働きを調整する
 陰陽のバランスを調整する

このような考えで用います。
これは妊娠中でも同じです。
基本的に体質にあっていれば、妊娠中に飲んでも全く問題はありません。

たいこさんの体質は、「色白、疲れやすい、生理の量が少ない」などから気血の不足が考えられます。これには補中益気湯や婦宝当帰膠、帰脾湯などを使います。

「クヨクヨしやすい、ゲップ、生理痛」などから、気のめぐりが悪い事が考えられます。
また「暖かい物を食べると熱くなる」のは気の流れが悪いため、熱が体内にこもりやすいのだと思います。
こうのように考えると、加味逍遙散は適していると思います。
ただし、加味逍遙散は、牡丹皮が含まれていますから、のぼせが無い場合は、妊娠中は「逍遥丸」を使った方が良いと思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]