Re: 今飲んでいる漢方について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 5 月 12 日 19:03:51:

回答先: 今飲んでいる漢方について 投稿者 ジュディ 日時 2003 年 5 月 12 日 11:18:07:

不妊症の原因というのも沢山考えられます。
血液の不足も大きな原因の一つです。
それ以外に、気の流れの問題、冷えの問題、血液のよごれの問題、余分な水や脂の問題、
胃腸の働きの低下、ストレス、腎の働きなど、いろいろな問題が複合的に不妊を引き起こしています。

漢方で治療する場合は、まず、何が原因になっているか的確に判断する事が大切です。

体は、つながっています。ですから、子宮や卵巣の問題も、実は体全体から治していく必要があります。

腎は、漢方では腎臓だけでなくて、子宮、卵巣、ホルモンの働きなど、みな腎と考えています。
腎臓の働きが弱っている状態を腎虚といいます。

腎虚は不妊症の大きな原因の一つです。
腎虚の目安は、「腰が痛い、尿が近い、または遠い、性欲が低下、おりものが少ない、高温期が低い、冷え、歯や骨や筋が弱い、白髪、物忘れ」など様々です。

当帰、芍薬、地黄などは血を補うものです。
また、桂皮、地黄には腎を補う作用もあります。

きっとその薬局は、ジュディさんの体質を腎虚と血の不足と判断されたのだと思います。


不妊症の場合、血を補ったり、腎を強くする事はとても大切です。
しかし、生理の周期にあわせて、もう少し積極的に治療する事も出来ます。
それが周期療法です。

周期療法は、
 生理期  子宮の中を綺麗にして、次の生理に備える
 低温期  良い卵を作り、子宮内膜を厚くする
 排卵期  気血の流れを良くして、スムースに排卵させる
 高温期  子宮の内膜に潤いを与え、着床を助け、流産の予防をする

このように考えていきます。

勿論、使うお薬も、体質や状態によって加減していきます。

どうしても使うお薬が多いので、費用は高くなり、月に20000円ちょっとになります。

効果は、普通の方法にくらべてとても良いです。
西洋医学的な検査で異常がない場合は、私の店では、3ヶ月以内に50% 6ヶ月以内に70%の妊娠を目標にしています。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]