Re: お尋ね


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら)です。 日時 2003 年 4 月 15 日 19:08:39:

回答先: お尋ね 投稿者 りえアンドくう 日時 2003 年 4 月 15 日 18:43:11:

不妊症や黄体機能不全にもいろいろなタイプがあります。
タイプによって、使うお薬が違います。

漢方薬を使う時は、まず、漢方的な原因を考えます。
漢方的な原因は、現代医学的な原因とは違います。
漢方的な原因とは、気血水の流れとか、臓腑の力関係などです。
原因がはっきりしたら、その人の体質、症状、季節などを加味して処方を決めて行きます。

体は、つながっています。子宮や卵巣だけ独立している訳ではありません。
体の中のいろいろな部分が、妊娠に影響しているのです。
このように考えると、不妊症の漢方薬といっても、実にさまざまなものが考えられます。

お近くに漢方に詳しいお店があれば、一度相談してみて下さい。
もし、お近くに良いお店がなければ、このホームページのオンライン漢方相談をご利用下さい。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 3 ]