Re: 多嚢胞性卵巣


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 1 月 22 日 10:26:53:

回答先: 多嚢胞性卵巣 投稿者 虹 日時 2003 年 1 月 22 日 00:21:35:

四逆散は、気の流れを良くして、排卵を助けます。
また、桂枝茯苓丸加よく苡仁は、卵巣の殻を柔らかくするような効果があります。
卵巣という局所的な部分で見ると、この二つのお薬はとても良いと思います。

しかし、漢方治療をする場合、できれば卵巣という局所を見るだけでなく、もう少し体全体を考えた方が良いのです。
例えば、全身的に、気血は足りているか、ホルモンのバランス(漢方では陰陽のバランス)は大丈夫なのか。
特に、女性の場合、生理の周期にあわせて、陰陽のバランスが微妙に変化します。
この変化がうまくいかないと、排卵しなかったり、妊娠しなかったりします。

上記の二つの漢方薬と併用して、生理の周期にあわせて漢方を飲むのは、とても良いと思います。今まで半年、四逆散と桂枝茯苓丸加よく苡仁を飲んでいたなら、普通よりも排卵しやすいと思います。


どのような漢方が良いかは体質によって違いますので、「オンライン周期療法」の「問診票」をやってみて下さい。
折り返し、虹さんにあった漢方薬を考えます。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]