Re: 炒麦芽について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2003 年 1 月 15 日 12:52:00:

回答先: 炒麦芽について 投稿者 みっこ 日時 2003 年 1 月 12 日 18:14:21:

生理前に胸が張るのは、漢方的には肝鬱気滞と言います。
肝というのは、自律神経にあたります。
つまり、自律神経のバランスが悪く、気の流れが悪い状態です。

現代医学で言うと、ホルモンをコントロールしているのは視床下部です。
視床下部は、自律神経もコントロールしていますから、ホルモンと自律神経は
とても関係が深いのです。
まだホルモンなどが発見されていないころに、このような理論を考えた中国人は
すごいと思います。

プロラクチンが高い人も胸が張りやすいですが、そうでない人でも胸が張る場合があります。
ですから、胸が張る事だけでプロラクチンが高いと決める事は出来ません。
しかし、胸が張る人は、肝鬱気滞の症状があるので、基礎体温もギザギザになりやすく、そうでない人に比べると妊娠しにくいようです。
ですから、漢方薬で胸が張るのを治す事はとても良い事です。

炒麦芽はプロラクチンを押さえる働きがあります。
また、肝気の流れを良くする働きがあります。
このため、炒麦芽で生理前に胸が張るという症状が改善されたのだと思います。
他に肝気の流れを良くする漢方薬としては「逍遥丸」「開気丸」「四逆散」などがあります。
麦芽だけで胸の張りが改善されない場合は、これらのものと併用するとより効果があります。

みっこさんの場合、炒麦芽で生理前の胸の張りが改善されたと思いますし、それはとても良い事だと思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]