Re: 炒麦芽の効果って


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2002 年 11 月 23 日 18:28:33:

回答先: 炒麦芽の効果って 投稿者 くま 日時 2002 年 11 月 23 日 10:50:43:

今までテルロンを飲んでおられた方が、テルロンを止めて炒り麦芽に
切り替えた場合、プロラクチンの数値は上がってしまうと思います。

これは炒り麦芽が効いていないのではなく、テルロンに比べてプロラクチンを
押さえる力が弱いからです。

ですから、テルロンを飲んでいた人は、炒り麦芽の量を相当に多く取る必要が
あります。
あるいは、エキスとお茶を併用するような方法も良いと思います。
それでも、テルロンを飲んでいた時よりは、少し数値は上がってしまうかも知れません。

しかし、炒り麦芽にはテルロンには無い良い点があります。
健脾作用といって、胃腸の働きを整えて、消化吸収を良くする事が出来ます。
これは妊娠にとってとっても大切な事です。

くまさんは、基礎体温はどうですか。
もし、基礎体温が綺麗なら、プロラクチンが高くてもそんなに気にしなくて良いと
思いますよ。
基礎体温が綺麗でないなら、テルロンや炒り麦芽だけでなく、周期療法なども
考えてみられると良いと思います。

妊娠するのはいろいろな要素がからんでいます。
ですから、プロラクチンだけにとらわれないで、体全体の様子も見て下さい。
例えば、貧血は無いか、冷え性は無いか、生理の時に固まりが出ないか、
生理前にイライラしたり胸がはったりしないか、生理痛はひどくないかなどです。

また、プロラクチンは常に一定ではなくて、あがったり下がったりしています。
排卵の頃とか、高温期には高くなる傾向があります。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]