Re: 漢方薬の副作用と妊娠について


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]

投稿者 漢方の杏村(あんずむら) 日時 2002 年 10 月 24 日 17:43:45:

回答先: 漢方薬の副作用と妊娠について 投稿者 ちゃり 日時 2002 年 10 月 24 日 16:40:15:

ちゃりさんの体質は、少し気の流れが悪い状態かも知れません。

気の流れが悪くなると、のどや胸がつまる感じや、イライラ、不安感、息苦しさ
不眠などの症状が出ます。

このような状態が長く続くと、鬱熱といって体内に熱がこもった状態になります。
そうでなくても、妊娠中は気血が充実して、体温が上がってくるので熱がこもり
やすい時期です。

当帰芍薬散は、体を温める働きがあります。
ですから、飲み過ぎると、あたたまり過ぎて、身の置き所のない感じや息苦しさが
出るのかもしれません。

もし、流産の予防に、当帰芍薬散を使うのであれば、やはり飲む回数を減らすのが
一番良いと思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 2 ]