Re: 心腎陰虚


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2015 年 10 月 13 日 15:56:55:

回答先: Re: 心腎陰虚 投稿者 しろ 日時 2015 年 10 月 13 日 13:05:18:

滋陰降火湯に、酸棗仁と遠志を入れるとかなり天王補心丹に近いものになります。

酸棗仁湯は不眠を調べるとよく出てきます。
ただ、実際に使ってみるとあまり効き目が出ない事があります。
理由は酸棗仁と川きゅうの割合にあります。
メーカーによって酸棗仁と川きゅうの配合割合に違いがあります。
酸棗仁は心血を養い鎮静作用があり、不眠によく使います。
川きゅうは、かなり強い活血作用があり、覚醒に働きます。
ですから川きゅうを多くすると、不眠には効かなくなります。
ツムラのものは酸棗仁が10gで川きゅうが3gです。
イスクラのものは酸棗仁が24gで川きゅうが1.88gです。
実際に使ってみるとイスクラのものは不眠によく効きます。
川きゅうは身体を温める作用があり、陰虚の人には適しません。

滋陰降火湯は腎と肺の陰を補い虚火を鎮める働きがあります。
心と肺はどちらも上焦にあってお互いに助けあっていますので、滋陰降火湯を使っても悪くはないと思います。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]