炙甘草湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]

投稿者 あっこ 日時 2017 年 2 月 20 日 20:55:54:

回答先: Re: 漢方を三種類 投稿者 あっこ 日時 2017 年 2 月 15 日 17:23:59:

何度もすみません。
今日はフェルムが足りなそうだったので受診してきました。
まだ半夏瀉心湯と温清飲と当帰芍薬散の組み合わせは二週間も経っていませんが処方が変わりました。
どうですか?と聞かれ、行くだけで疲れたので体力が無いのか動くとみぞおちがドキドキして息切れで疲れる事と変わらず暑がりな事、あと先日水下痢があった事を伝えました。
先生からは手足が冷たい事を指摘されました。
息切れというかみぞおちがドキドキすると深呼吸をしたくなるというか、ゆっくり長く吐いてみぞおちがより早く落ち着く感じです。
新しい漢方は炙甘草湯を朝夕と当帰芍薬散を朝夕になりました。
説明では温める物に見えますしみぞおちのつかえなどについての言及が無く不思議な組み合わせに思いました。
みぞおちに不安がたまる感じや血の気がひく事は前回伝えたのでとにかく今の事を足すように伝えたら、2分ほどでこれで様子を見て下さいと時間が来てしまいます。
生理前に睡眠1時間ほどで目が覚めて体が熱く胃がモヤモヤする事がある事も何度も伝えてい
ますが、今日は改めて全部を言う時間が無く、動くと疲れる事だけをカルテに入力していてそれだけに対応した漢方なのか全体的に合っている物なのか気になりました。
薬局には母に行ってもらったのですが、どうして変わったのか聞かれたそうです。
色々症状を書きすぎていますが、杏村先生にこの組み合わせは合いそうなのかお聞きしたく質問させて頂きました。
よろしくお願いします。





フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]