Re: 漢方を三種類


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2017 年 2 月 14 日 12:01:51:

回答先: 漢方を三種類 投稿者 あっこ 日時 2017 年 2 月 10 日 20:58:46:

漢方にも色々な流派があります。
日本古来の古方派という人たちは、1種類で量ほ多目に使う傾向があります。
これに対して、中医学(中国の漢方)や後世派という人たちは、複数の処方を体の状態にあわせて使いバランスをとる方法をにします。
バランスを取る場合は、処方の組み合わせだけでなく飲む量も大切です。
料理を作る時でも、砂糖、塩、酢を使うとしても使う量によって味は変わります。
ですから、半夏瀉心湯に、当帰芍薬散、温清飲の3つを使うとして当帰芍薬散と温清飲は1日1包という方法もあると思います。
効果で出ない場合は配分を変える方法もあるし、全部変える方法もあるでしょう。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]