Re: 流産を経験


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]

投稿者 漢方の杏村 日時 2015 年 12 月 23 日 11:07:54:

回答先: 流産を経験 投稿者 ゆーか 日時 2015 年 12 月 22 日 22:55:19:

漢方を選ぶ時は、漢方的な診断である弁証論治に基いて選んでいく必要があります。
西洋医学的な診断も参考にはしますが、それだけで漢方薬を決める事は出来ません。
例えば、抗核抗体が高いから柴苓湯というような使い方は正しい漢方の使い方ではありません。
柴苓湯は体を冷やす性質、体を乾かす性質があり、体質にあわせて使う必要があります。
温経湯や当帰養血精は体をあたため、潤いを与える作用があります。
ですので、柴苓湯を使うと今飲んでいる漢方の効果が弱くなるでしょう。



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]