Re: (再)六君子湯 と 加味帰脾湯


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]

投稿者 病気疲れ 日時 2015 年 12 月 11 日 16:46:09:

回答先: Re: (再)六君子湯 と 加味帰脾湯 投稿者 漢方の杏村 日時 2015 年 12 月 10 日 14:59:42:

さっそくのコメントありがとうございます。
なるほど、昼間向き、夜向きの合理的な処方なのですね。納得です。

両方とも胃腸向けの薬なのですか…加味帰脾湯を調べると、真っ先に
神経症、不眠症などが出てくるので、そういう薬なのかと思っていました。

ところで、最初の相談時は漠然と昼間の倦怠感、疲労感と書きましたが、
ここ数日で症状が変化(鮮明化)してきて、
「食後の急激な倦怠感、疲労感、睡魔」という症状になってきました。

次のないかの診察は来週のため自分で調べたところ、
西洋医学的には、食後高血糖、反応性低血糖、膵臓が、ホルモンが、
インスリンの分泌が、炭水化物や当分摂取が、と何やら難しい話が
たくさん出てきました。

漢方の世界ではまだまだ六君子湯&加味帰脾湯の守備範囲内、と考えて
差し支えないでしょうか?



フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 杏村(あんずむら) 漢方 なんでも相談室 10 ]