Re: 顎のにきび


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 養心堂 漢方 なんでも相談室 ]

投稿者 養心堂 日時 2000 年 11 月 28 日 14:40:03:

回答先: Re: 顎のにきび 投稿者 たろう 日時 2000 年 11 月 28 日 13:53:03:

漢方薬を飲む時に注意して欲しい事があります。
それは、単純にニキビにはこの漢方薬が良いという考えで
薬を選ぶ事は出来ないという事です。

ニキビの原因は様々です。
その原因をよく考えて、漢方薬を選ぶ事が大切です。
つまり、原因を取り除く事によって初めて根本的に
治すことが出来るわけです。

漢方薬を選ぶときに、とても大切なのはその薬が
冷やす薬なのか、暖める薬なのかという事です。
にきびの場合、局所的には赤みがあり、熱をもっている
と考えますから、冷やす薬をよく使います。
しかし、体質的に冷えやすい人だと、ますます冷えて
いってしまいます。
清上防風湯にしても荊芥連翹湯にしても冷やす薬が
多く配合されていますから、冷え性の人は長期間のまない
方が良いでしょう。
ただし、冷え性の人でも体の内部には熱がこもっている
場合があります。
この場合は、飲んでも大丈夫です。

喉が渇いて冷たいものが飲みたい、舌の色が赤い、
尿の色が濃くて少ないなどの状態の人は、体の内部に熱があると考えます。
このような人は冷やす薬を飲んでも大丈夫です。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
E メール:

件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 養心堂 漢方 なんでも相談室 ]