Re: 生理痛・痔・疲れる。


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 養心堂 漢方 なんでも相談室 ]

投稿者 養心堂 日時 2001 年 4 月 18 日 11:22:23:

回答先: 生理痛・痔・疲れる。 投稿者 やこ 日時 2001 年 4 月 18 日 10:20:15:

コンピュータ関係の方とか、ドライバーの方とか、座っている時間が長い
方は、どうしても、痔になりやすかったり、生理痛がひどかったりします。
座っていると、腰部の血流が悪くなる爲と考えられます。

おできの手術の時には、多分抗生物質を飲まれたと思います。
抗生物質は、腸の中の良い菌まで殺してしまいますから、どうしても下痢になる事が多いようです。
このため、服用時にはビオフェルミンのような腸の菌を補う薬と一緒に服用する事もあります。
下痢をすれば肛門に負担をかけますから、痔になってしまう事もあります。


やこさんの場合は、漢方的に考えると、淤血(血液のよごれ)があるように思います。
それに加えて、気血(エネルギーと血)の不足や、気滞(気の流れが悪い)などの状態も
あるかもしれません。

漢方は、病気を治すのではなくて、身体を治します。
身体を治せば、痔も生理痛も、疲れも、みんな治す事が出来ます。
西洋医学ですと、痔は肛門科、生理痛は婦人科、疲れは内科といったように別々のお医者さんが治療していきます。
これは、身体を部分部分に切り分けて、ちょうど車の部品を治すのと同じ考えです。
しかし、身体はすべてつながっていて、相互に関係を持っています。
漢方的に考えれば、痔も生理痛も疲れも、実は一つの原因である事が多いのです。
この原因を治療していけば、全部の病気を同時に治す事が出来ます。

ただし、それには、漢方に詳しい人とよく相談して、あなたの体質を見てもらって、
あなたにあった漢方薬を選んでいく必要があります。
痔ならこの漢方薬、生理痛ならこの漢方薬という方法では、漢方の本当の効果は出ません。




フォローアップ:



フォローアップを投稿

氏名:
E メール:

件名:

コメント:


[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ 養心堂 漢方 なんでも相談室 ]