30代後半の女性。
子宮外妊娠や子宮内膜ポリープ、片側の卵管の閉塞など、汚れが溜まりやすい体質です。
生理の量は多く、かたまりが多い状態です。
このような場合はやはり淤血を考えます。
また排卵痛や生理痛など気滞の症状もありました。
卵管の閉塞やポリープは血の汚れ以外にも痰湿という種類の汚れを考えます。
痰湿は汚れた水、脂、繊維などの総称です。
ですので、活血化淤、化痰、利気などを組み合わせて飲んでもらいました。
卵管は片側とおっていれば妊娠は可能なのですが、やはり両側通っているに越した事はありません。

飲んで2ヶ月後に造影剤の検査をすると、両方の卵管が通っているとの事でした。
そして1ヶ月後に妊娠。
1回子宮外妊娠をしているので、とても心配でしたが、無事出産されました。
このように活血や利気、化痰は卵管の閉塞にはとても良く使う方法ですが、排卵や着床にも良い効果があるように思っています。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる