20代後半の方で、初潮から生理不順でした。
お医者さんでは多嚢胞性卵巣症候群と診断されていました。
基礎体温は単相で、ごく希に生理がおこります。
もうすぐ結婚されるという事で、少しでも治しておきたいとご来店されました。
多嚢胞性卵巣の場合でも、いくつもタイプがあります。
多毛、にひぎ、肥満などを兼ね備えた典型的なタイプは日本ではあまり多くありません。
この方の場合もやせて冷え症のタイプで気血両虚の体質でした。
そこで、気血を補う漢方薬、よごれを綺麗にする漢方薬を毎日飲んでもらい、短い周期で腎精を補う漢方薬を使いリズムを作りました。
飲み始めて3ヶ月くらいで排卵して生理が来ました。
その後、しばらく排卵したりしなかったりの状態でした。
生理はまだ完全に順調とは言えませんでしたが、半年後に結婚され、すぐに自然妊娠され、無事に出産されました。
漢方薬はクロミッドのように手っ取り早く排卵させる事ば出来ませんが、タイミングさえ合えば妊娠率は高いと思われます



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる