30代後半の女性です。
子宮内膜症とチョコレート嚢腫があります。
卵管も片側つまっていて、また卵巣の機能も良くないとの事で体外を行っています。
今まで3回行いましたが、なかなか採卵出来ない、また採卵出来ても分割が途中でとまるなどしていました。
漢方的には体内によごれが多いタイプで、また腎精不足もあります。
そこで体内浄化と周期療法を兼ねた方法にしました。
漢方を始めて翌月に採卵しましたが、良い卵がとれませんでした。
卵胞は膨らみ始めてから排卵まで6ヶ月以上もかかっています。
ですので、いくら周期療法でも1ヶ月では効果が出にくいでしょう。
そこであと3ヶ月、頑張って漢方を続けていただき、それから採卵に入りました。
うまく胚盤胞になり、凍結。
翌月に胚移植を行うので、着床周期の漢方に変更して、うまく妊娠されて出産されました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる