30代前半の女性です。
基礎体温はギザギサが多く、高温期が短く、生理に固まりが多く、また生理前にイライラと吹き出物があります。
漢方的には腎陽虚に、気滞、血淤と考えられます。
周期療法を強く希望されたので、生理の周期にあわせて補腎するものを使いました。
また少し気滞や淤血の改善のものも加味しました。
ただ、2ヶ月のんでも基礎体温の改善はあまりありませんでした。
このような場合は、やはり体内に相当のよごれがたまっていると考え、活血や化痰、利気のものに変更しました。
この方法に切り替え、3ヶ月目、うまく妊娠出来ました。
その後、流産予防の漢方を飲み、無事に出産されました。
周期療法は補腎にはとても良い方法ですが、不妊症に対して万能ではありません。
やはり必要に応じて色々な方法を組み入れる事が大切と思います。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる