30代後半の女性です。
病院では特に原因はないと言われていました。
病院のタイミング方で1回妊娠しましたが、繋留流産となってしまいました。
にきびや肌荒れがひどくて、アレルギーや花粉症があります。
基礎体温は低温期と高温期の温度差もすくなく、おりものも殆どありません。
中医学的には気滞と腎虚があります。
気の流れを良くする漢方を毎日飲んで頂いて、あとは周期療法をおこないました。
飲み始めて3ヶ月目に、高温期がつづき、妊娠検査薬で陽性となりました。
しかし、病院に行く前に、そのまま生理が来てしまいました。
残念でしたが、気をとりなおし、1周期だけ子宮の中を綺麗にするために、活血化淤と利気化痰の漢方を使いました。
また周期療法を始めました。
補腎以外にも活血、利気にも気をはらい周期療法を行いました。
その結果、周期療法を再開して3周期目で再度妊娠されました。
今回は順調に育ち、出産まで安胎作用のある漢方を使い無事に出産されました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる