30代前半の多嚢胞性卵巣症候群の方です。
初潮より生理不順で、大学時代は無月経でした。
基礎体温でも高温期はまったくありません。
LHがかなり高く、テストステロンも高い典型的なPCOSのタイプです。
この方の場合、卵巣の周りによごれがたまっている事と、卵が膨らむ力が弱い事が考えられました。
ですので、よごれを綺麗にする漢方薬と、補腎作用のある漢方薬を併用しました。
飲み始めて3ヶ月目で、排卵痛があり、排卵しました。
誘発剤を使わないで自然に排卵したのは生まれて初めてではないかとの事でした。
その後、1−2ヶ月に1回は排卵するようになりました。
LHが高い方の場合は、排卵検査薬では排卵日がわかりにくいので、おりものでタイミングをとってもらいました。
その結果、漢方を飲み始めて6ヶ月目に自然妊娠しました。
流産の予防のため、安胎作用のある漢方薬を使い無事に出産されました。
頑固な多嚢胞性卵巣症候群でしたが、漢方が良く効いた例です。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる