30代後半の女性。
1人子供がいます。
出産後、3回妊娠されましたが、3回とも流産されました。
3回とも心拍確認後です。
お医者さんからは、免疫の異常による不育症と診断されています。
中医学的には淤血が多く、また気の流れが悪い状態でした。
ですので、活血化淤の漢方薬と疏肝理気の漢方薬を使いました。
飲み始めて3ヶ月後の血液検査では、抗核抗体以外は正常値になっていました。
抗核抗体も80倍とあと少しです。
その後、ほぼ同じ漢方薬を5ヶ月続けていただき、うまく妊娠しました。
ただ、流産の心配がありましたので、出産まで安胎の漢方を続けてもらい、無事に出産されました。
つわりもひどかったため、つわりの漢方も併用しました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる