この方も先ほどの方と同じで40才前半の方で、年齢的な事を考えて体外と漢方を併用された方です。
かなりひどい冷え性で、またイライラやくよくよなどが多く、気血の流れが悪い状態でした。
気血の流れを良くする漢方薬と、周期療法を併用しました。
はじめのうちは、内幕が薄いとか、良い卵が取れないなどでなかなか胚移植に至りませんでした。
血液検査でAMHがほとんどゼロに近いとの事で、自然周期の採卵をする事になりました。
漢方を飲み始めて半年くらいで胚盤胞に育つようになりました。
その後、少しあけて胚移植をしました。
それでうまく着床したのですが、残念ながら流産になってしまいました。
その後も漢方を続け、始めて1年半後に妊娠、今度は流産せず無事に育ち出産されました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる