40代前半の女性の方です。
1年前から婦人科にかかり、黄体機能不全との診断でした。
年齢も年齢なので、体外と漢方を併用したいといって来店されました。
まず舌の色が紫色で、脈も渋脈、生理痛もひどく、気滞と淤血がひどい状態でした。
周期療法に入る前に2ヶ月だけ体内浄化を行いました。
3ヶ月目から周期療法にして、体外に挑みました。
結果は着床はしたものの、反応は弱く結局は生理になってしまいました。
もう2ヶ月周期療法を行い、次の採卵を行いました。
これで、無事に妊娠して、あとは流産の予防の漢方を飲み、無事に出産されました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる