次の例も多嚢胞性卵巣です。

当店は多嚢胞性卵巣のご相談がとても多く、不妊症のご相談の中で半分弱あります。
20代後半の方で、初潮から生理不順で最近は無月経です。
メルビンやプレドニン、クロミッドなど色々なものを併用てしもなかなか排卵しないとご来店されました。

基礎体温は無排卵型で、ギザギサが少なく、おりものも殆どありません。
このような場合は、単純に痰湿や淤血で卵巣の殻が固くなっているだけでなく、腎の力の低下もあると考えます。
ですので、活血、化痰の他に周期療法を取り入れて補腎をしました。
ただ無排卵ですので、完全な周期療法は出来ません。
いくつかの補腎薬を交互に使い、おりものが増えたり下腹がチクチクするなど排卵の兆しがみられたら利気薬を使う方法にしました。

1年近くこの方法を続けて、その間に時々排卵するようになり、うまくタイミングが合い、妊娠出来ました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる