30代前半の女性。
不妊歴は5年です。
病院の検査では黄体ホルモンが少し少ないとの事で、3年間治療をされていました。
ただ、まだ体外には踏み切れず、漢方を飲んでみたいとの事です。
基礎体温があまり綺麗でなかったので、まず周期療法で基礎体温を調える方法にしました。
飲み始めて、みるみる基礎体温が綺麗になって行き、7ヶ月目で妊娠されました。
ただ、残念な事に化学流産という事でした。
化学流産は誰にでもあもので、体が悪いとかの問題ではありません。
今回は残念でしたが、妊娠出来る事が解っただけでも良いと気を取り直してもらって、周期療法に再挑戦しました。
流産の汚れが残っている可能性もあったので活血化淤のものをしばらく併用していきました。
流産から6ヶ月後、もう一度妊娠され、安胎の為に漢方薬を続けて頂き、今度は無事に出産に至りました。
その後、2人目を希望との事で、前回と同じ周期療法を行って頂きました。
やはり周期療法を行うと基礎体温はとても綺麗になります。
そして10ヶ月目に妊娠、前回と同じ安胎の漢方で2人目の出産になりました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる