20代後半の多嚢胞性卵巣と診断された方です。
お医者さんでクロミッドやhCGを使っていましたが、なかなか妊娠できませんでした。
ここ1年くらいは通院していません。
体内の汚れを綺麗にする漢方薬と、補腎薬で排卵を助ける作戦を行いました。
そうすると今までいつ排卵するか解らない状態でしたが、今回は16日目で排卵しました。
多嚢胞性卵巣症の場合、周期によってスムースに排卵できる場合と、なかかな排卵できない時があります。
原因はよく分からないのですが、卵胞が膨らむ位置とか、脳からのホルモンのタイミングなどによると考えられます。
なんにしても、今回はスムースに排卵できて良かったと喜んでしましたら、生理が来なくて、調べてみると妊娠していました。
本人もびっくりで、偶然もあるけども、やはり漢方を飲んで体調がとても良かったので、漢方の力があると思うとの事でした。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる