20代前半の女性。
高校生になっても初潮が来なかったので、お医者さんのお薬で初潮を迎えました。
それから薬で生理を起こしていました。
お医者さんでは視床下部に問題があると言われました。
ご来店時はクロミッドを使って排卵させていました。
まだ結婚されていないけども、結婚に向けて、なんとか自力で生理が来るようにしたいとの事でした。

血を補う漢方薬と腎を補う漢方薬を使い、3ヶ月でおりものが増えたり、何となく排卵しそうな感じがありました。
そして4ヶ月目に体温が上がり、生理が来ました。
その後、周期療法に切り替え、生理から23日目とか24日目とか少し遅目でしたが毎月排卵するようになりました。
その後、結婚されて半年後に妊娠して、無事に出産されました。
この方は2人目も漢方薬で妊娠、出産されました。




漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる