20代後半の多嚢胞性卵巣症候群の場合です。
多嚢胞性卵巣症候群の場合、排卵しにくくても、卵巣の機能低下はあまり無いため、このように若い方は比較的妊娠しやすい事が多いようです。
お医者さんで多嚢胞性卵巣症候群、潜在性高プロラクチンとの診断を受けた方です。
生理不順で、排卵日が定まらず、今は排卵する様子もみられないとの事でした。
基礎体温はギザギサで、無排卵でした。
少し体重も多いので、まずは体を綺麗にする体内浄化をおこないました。
そうすると、飲んで1ヶ月で自然に排卵して高温期が14日続きました。
そして2ヶ月目には妊娠されました。
いつもこのように上手くいくとは限りませんが、たまにこのようなケースがあります。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる