もともと生理不順で、年に1−2回しか生理が来ていませんでした。
お医者さんで無排卵性月経といわれ、時々ホルモン剤で生理をおこしていました。
今はまだ妊娠希望ではなくて、病院では妊娠を希望するようになったら病院に通うように言われました。
でも、出来れば自然に生理が来るようになりたくて、漢方薬を飲んでみる事にしたそうです。
基礎体温を見せてもらうと、激しく上下している感じで、排卵している様子はありません。
このように激しく上下していて単相の場合で時々おりものがある場合は、腎の部分の働き(中医学では卵巣も腎の一部)は悪くなくて、気滞や淤血、痰湿による事が多く考えられます。
ホルモン検査などを行っていないので、西洋医学的にはどのような状態なのかは不明ですが、PCOSなどの場合によく見られるタイプです。
ただこの方は、おりものが殆どなく、やはり腎虚も考慮する必要がありました。
そこで、活血、化痰、補腎を中心として、少し利気薬を使いました。
利気薬は毎日飲むのではなくて、5日間飲んで5日間お休みするという方法で、パルス的に飲んでリズムを作るようにしました。
飲み始めて2ヶ月くらいからおりのが増え、さらに少し出血するようになりました。
体力が無い、顔色が悪いなど血虚の様子もあったので、活血と化痰を少し減らし補血を増やしました。
それでうまく排卵したようで、体温が2相になりました。
その後、排卵したりしなかったりで、とりあえず2ヶ月に1回くらいは排卵するようになりました。
漢方薬をしばらく飲んで、来店されなくなってしまったのですが、その後、自然妊娠で出産されたとのメールを頂きました



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる