30代後半の女性の方です。
ご来店の2年くらい前に婦人科に行ったり、他店で漢方薬を飲んだりされていました。
子宮内膜症があり、足の付け根や尾てい骨のあたりが慢性的にいたいとの事でした。
基礎体温は2相にはなっていますが、とてもギザギザしていました。
中医学的には気滞・血淤の体質です。
また寝汗など陰虚の状態もありました。
利気活血をベースに補腎陰のものを加えました。
排卵がやや遅れる傾向があったので、低温期は少し補気をして排卵を助けました。
このようにして、内膜症の症状は改善して、その後、少し時間はかかりましたが約1年で妊娠して出産しました。
その後、また漢方で第2子にチャレンジされ4ヶ月目に妊娠され無事、出産されました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる