40代前半の女性。
フーナーテストの結果が悪く、人工授精を6回行ったが妊娠せず、体外に切り替えた方です。
体外はなかなか卵が育たず、育っても着床しませんでした。
今までに6回くらい体外をやっています。
漢方薬で体質改善をしたいとご来店されました。
脈は弱く、渋脈です。これは血の不足と、血の汚れを意味しています。
そこで、まず補血と活血の漢方薬を3ヶ月くらい飲んでもらいました。
血液が生まれ変わるには3ヶ月くらいかかります。
その後、脈が改善して来たので、補腎の周期療法を併用して採卵に望みました。
4個採卵出来て3個受精し、そのうち1個が胚盤胞になり凍結しました。
胚移植の周期は、少し収斂(引き締める)作用のある補腎薬や動物生薬を使い、万全の体制で胚移植に臨みました。
そしてうまく着床して、念願がかなって、妊娠・出産出来ました。



漢方での妊娠例に戻る

トップにもどる