インスリンというホルモンをご存じですよね。
膵臓のランゲルハンス島から出るホルモンです。

インスリンの働きは、上がりすぎた血糖を下げる働きがあります。
血糖は、脂肪に変えられて、体に蓄積されます。
また、インスリンが沢山出ると血糖が急に下がるので、激しい空腹感がでてしまいます。
つまり、インスリンが多くなると、太りやすいのです。

  急激な血糖の上昇
        ↓
 
 インスリンの大量分泌
       ↓
  
糖が脂肪に変わる
       ↓
  
血糖値の急降下
       ↓
  
激しい空腹感
       ↓
  
早食い、ドカ食い

この悪循環を肥満者時計といっています。

では、血糖値が急に上がらない場合は、どうなるのでしょう。
インスリンが少ししか分泌されませんね。
つまり、脂肪も付きにくいし、空腹感も少ないわけです。

食べた食品の種類によって、急激に血糖があがるものと、
徐々にあがるものがあります。これを数値で表したものがGI値です。

   詳しくは G I 値 一覧表 をごらん下さい。

また、食べる速度や、一緒に食べるものによっても血糖の上昇する速度は違ってきます。

肥満者時計に陥らない為には、
GI値の低いものを、ゆっくりと、繊維と一緒にとる事です。

ただし、低インスリンダイエットを行う時は、
栄養のバランスを十分考えて
行う事が大切です。
また、全体のカロリーや運動を考える事も大切です。



トップにもどる