脂肪肝とは、肝臓に脂肪がついて、そのために肝機能が悪くなった状態です。
いわゆる内臓の肥満です。

ですから、脂肪肝を治療するには、なによりも身体の脂肪を減らす事が大切です。
食事と運動。
それが出来た上で漢方薬を服用すると効果があります。
しかし、食事制限も、運動も何もしないで、ただ漢方だけ服用してもありま効果が出ません。

漢方薬としては、まず脾胃の機能を高めて脂肪の分解を促進するものを選びます。
また、中性脂肪やコレステロールに対しては、痰湿や淤血といった漢方の考えがあります。
これらのものは、食事療法と運動療法と共に用いると、かなりの効果が期待出来るでしょう。





トップにもどる