咳について考える時、まず急性のものと慢性のものを分けて考えます。
急性のものは、外からやって来た外邪によるものと考えています。
これに対して、慢性の咳は、身体のバランスがくずれていたり、
体力が弱っていると考えられます。

急性の咳

 風寒によるもの
  ぞくぞくと寒気がします。
  咳は比較的はげしく、痰はそんなに多くありません。
  よく使う漢方薬は麻黄湯です。

 風寒湿によるもの
  風寒の状態に、痰が多く出たり、鼻水が沢山でたりします。
  この場合は、小青竜湯を用います。

 風燥によるもの
  のどが乾燥して、いがらっぽい感じがします。
  咳をしすぎるとのどがいたくなります。
  痰は、粘っこく切れにくい感じです。
  養陰清肺シロップを用います。

 風熱によるもの
  激しい咳に加えて、のどの乾きや、のどの痛みを伴います。
  寒気はそれほど強くありません。
  麻杏甘石湯や五虎湯を用います。

慢性の咳

 痰湿によるもの
  身体全体がむくみやすく、痰のある咳がながく続きます。
  化痰作用のある漢方薬を用います。

 淤血によるもの
  胸のあたりがちくちくと痛み、時に痰に血がまざったりします。
  淤血を取り除く作用のある漢方薬を用います。 
出血のある時は止血作用のあるものを併用します。

 脾虚によるもの
  慢性的に胃腸が弱く、疲れやすい人の咳です。
  脾の機能を改善するような漢方薬を用います。

 肺腎虚によるもの
  体力がなく、疲れやすい。風邪をひきやくす、息切れなどもあります。
  冷えがある時は、腎陽を補う漢方薬を用います。
ほてる場合は、腎陰を補う漢方薬を用います。

 気滞によるもの
  ストレスなどで気の流れが悪いタイプです。
  気の流れを良くするような漢方薬を用います。

 慢性の咳で、たまたま咳がひどい場合は、
急性の咳の時の治療を用います。
 有る程度、咳が一段落したら、今度は慢性の咳の治療にします。



トップにもどる