漢方は、西洋医学とは違い、この病気にはこの薬といった使い方はしません。
その人、その人の体質とか症状、状態、時には季節、
住んでいる場所、職業まで考えて薬を選んでいきます。
この臨機応変な所が漢方の長所です。

生理不順には、いくつかのタイプがあります。
細かく分けるときりがないので、ごく大雑把に分類してみます。

 気血両虚タイプ
  気( エネルギー )と血が不足して、生理の原料が足りないタイプ。
  この場合は、気血を補う漢方薬などを使います。

 腎陽虚タイプ
  ホルモンは腎と密接な関係をもっています。
  このうち、黄体ホルモンと関わりのふかいものが、腎陽です。
  冷え性で、体温が低い場合は、このタイプの可能性があります。
  腎陽を補う漢方薬などを使います

 気滞タイプ
  ストレスが多く、イライラしたり、生理の前に胸がはったりします。
  気滞を改善する漢方薬などを使います。

 淤血タイプ
  血液のよごれが多いタイプ。生理の色がくろっぽく、塊が混じります。
  また、生理の時に、つるような痛み、刺すようないみが出ます。
  淤血を綺麗にする漢方薬などを用います。

 湿熱タイプ
  普段から、色の濃い、臭いのあるおりものが多く、時に痒みがあったりします。
  生理の色は、赤黒く、どちらかというと、暑がりで、湿疹やおできなどが出来やすい
  タイプです。

  清熱利湿作用のある漢方薬などを使います。

また、生理の周期に合わせて、薬を変化させる方法があります。
これは、ホルモンのバランスが悪い時によく用いられる方法です。
漢方では、低温期を陰の時期とし、高温期を陽の時期と考えています。
陰陽のバランスをとる事で、生理の周期をコントロールするという考えです。
具体的には、
  低温期の時は、陰や血を補う漢方薬などを用いる
  排卵の時は、理気薬を使い、陰から陽への転化を助けます。
  高温期の時は、補陽薬と補血薬を用いる。
  生理の前は、血を綺麗にして、流れをよくする活血化淤薬などを使って生理が来るのを助けます。

もちろん、この周期療法も個人個人の体質や症状をよく考えて、
的確な漢方薬を選んで使っていく必要があるのは、言うまでもありません。

あらましは、不妊治療の流れを参考にして下さい。



トップにもどる