おりものの量は、個人差があります。
また、少量のおりものは、ホルモンの分泌が良い証拠で、
むしろおりものが全然ない場合は、
ホルモンの分泌が悪い事を意味しています。

正常なおりものは、排卵のころに卵の白身のようなのびるものがあり、
生理の前には黄色いおりものがあります。

特別強い匂いがある場合は、細菌感染などの可能性がありますから、
病院などで検査してもらってください。
また、豆腐のカスのようなおりものが出る場合や痒みがある場合も、
ただれやカンジタの可能性がありますから、検査が必要です。

漢方では、おりものの治療を次のようにしています。

肝経の湿熱タイプ
  痒みをともない、匂いのある黄色いおりものが沢山でます。
  このような場合は、湿熱をとる漢方薬を用います。

脾虚タイプ
  比較的体力がなく、胃腸の消化機能が落ちている事が多いようです。
  透明で匂いの無いおりものが、比較的多く出ます。
  このような場合は、脾虚を改善るする漢方などを用います。

腎虚タイプ
   白くて薄いおりものが出ます。また、尿が近い、腰が痛いなどの症状もあります。
   このような場合は、腎を補う漢方薬などを用います。

少腹淤血タイプ
   黒っぽいおりのがでます。
   生理の時に固まりがでたりします。
   また、生理痛もあります。
   活血化淤の作用のある漢方薬を用います。

心火タイプ
   イライラしたり、不眠の傾向があります。
   また、口が渇きます。顏色は赤い、口がまずいなどの症状があります。
   おりものの色は、黄色または赤色です。
   清心作用のある漢方薬などを使います。



トップにもどる