熱の治療はなかなか難しいです。
熱の原因がいろいろあって、
原因を考えずにただ熱を下げる事は意味がありません。
熱がある場合は、かならず熱の原因をかんがえなければいけません。


まず、熱の原因を外邪性のものと、内邪性のものに分けます。

外邪性のものは、病気の原因が外からやって来たものです。
外邪の分類は、実に沢山ありますが、大まかにいって、
「傷風」「傷寒」「温病」「湿温病」の4つが大切です。

傷風は、普通の風邪に近いものです。
寒い所に長時間いたりして風邪を引いてしまった場合です。
もともと風はそれほど強い外邪ではないので、
風にやられるという事は、体力が落ちている事が多いようです。
この場合もっともよく使う処方は桂枝湯です。

傷寒は、インフルエンザに近いものです。
特に寒気を主とするもので、体中が痛み、
がたがたと振るえるほど寒気
がします。
この場合は、麻黄湯を使います。

有名な葛根湯は、桂枝湯と麻黄湯の中間のような処方です。

温病の特徴は、のどの痛みからはじまります。
寒気は傷寒ほどありません。
このばあい、傷寒と間違えて麻黄湯や葛根湯を飲みますと
症状がかえってひどくなりますから注意して下さい。
良く使うお薬は、銀翹散です。


湿温病は、温病ほど症状の進行が速くはありません。
しかし、体がだるく、食欲がなくなったり、下痢をしたりします。
よくつかうお薬は、霍香正気散です。

以上が外邪性の熱です。

次は、内邪性の熱です。

内邪性の発熱で主なものは、
「陰虚発熱」「気虚発熱」
があります。

陰虚発熱は、
体の中の体液とか、体に潤いを与える働きが不足して、
その結果熱が出るものです。
陰と陽はバランスをとっています。
陰が不足すると相対的に陽が多くなって熱が出ると考えています。
この場合は、陰を補うと熱がさがります。
よく使うお薬は、滋陰瀉火作用のある漢方薬などです。
陰を補うお薬は、沢山のものがありますので、
状況や体質に応じて選ぶ事が大切です。

気虚発熱
気はエネルギーです。
気、特に体表の気が不足すると、体の内部の熱が表面に浮いて来ます。
特に疲れた時に熱が出ます。
このような熱を「大熱」といっていますが、ひどい熱という意味ではなくて、
体表の熱という意味です。
よく使うお薬は補気作用のある漢方薬です。



トップにもどる