高血圧の漢方薬は、いろいろあります。
いくつか、タイプ別に分けて説明してみます。

まず、身体の中に毒素が多いタイプ。
毒素の種類によって、淤血、痰湿、食毒 などにわけます。

淤血型
 典型的な血液のよごれを淤血といいます。
 特徴は、唇や歯茎がくろっぽい、顔が黒ずんでいる。生理が黒っぽい。
 血管が浮き出ている。などです。
 淤血のチェックリストなどでチェックしてみてください。
 よく使う漢方薬は、活血化淤の作用のあるものなどです。

痰湿型
 痰湿というのは、余分な水や脂です。
 痰湿型は、太った人に多いタイプです。
 この場合は、痰湿を取り除く漢方薬を用います。

湿熱型
 痰湿型に似ていますが、熱がこもった状態が特徴です。
 体臭が強く、湿疹などが出来やすいタイプです。
 清熱利湿作用のある漢方薬などをよく用います。

食毒型
 便秘などで、胃腸に毒素が多いタイプです。
 まず便秘を治す必要があります。

肝鬱気滞型
  ストレスなどによって気の流れが悪い肝鬱タイプ。
  気の流れをよくする、疏肝利気作用のある漢方薬を用います。


臓腑の力のバランスがわるくなった状態
としては、肝陽上亢、心腎不交などがあります。

 肝陽上亢
  肝と腎の陰が不足して、陽気が上にのぼった状態です。
  目の疲れやイライラが特徴です。
  滋陰養肝作用のある漢方薬を用います。

心腎不交
 腎の陰が不足して、心の火を抑えられなくなった状態です。
 不眠などがおこります。
 心養と腎陰を調和させる漢方などを用います



トップにもどる